あまり知られてない、私のプロフィールです。(笑)

● あまり知られてない、私のプロフィールです。(笑)

こんにちは。平山美代子です。

メルマガに先日書きましたが、こちらにも書いておきますね。

これを書きながら、パソコンの向こうでは、じつは泣いておりました。

(ここから)

ここ最近、ドーンと落ちることばかり起きるので、先日の大阪出張の際に、ある方に相談をしました。

その方は、ある程度、自分の地位を築いたら、自分の弱さを出すと良いんですよ~
とアドバイスをくださいました。

タレントの山口達也さんのような完璧路線だと、「ちゃんと感」を出し続けなければいけないから、とても苦しいんだそうです。

そうなんだ・・・

というわけで、私もこれからは、「弱い自分」を見せていこうと思いました。

といいつつも、自分の弱さってなに?と、いろいろと考えてみたのですが、まったくわからず・・・汗汗

こんなことが弱さなのかな?と思ったので、今夜はメルマガ読者の皆さまに、シェアしたいと思います。

私はどれだけ愛されるハズがない世界にいたかったんだろうか、というお話です。

では行きます。

私は、ご存知のとおり、離婚10年目のシングルマザー。

仙台住まいで、娘3人、10年間彼ナシ。

これまでずっと仕事ばかりしてきました。子育て中心で生きてきたのです。

まずは、稼げるようにならなくちゃ!と思っていたからですね。

恋愛はお金がかかるので、封印していました。

元夫からの養育費もいつ途絶えるか分からない、ですし。

私のランチ会などで会った方は、すでにご存知でしょうが、私は元夫に離婚後すぐに再婚されまして

離婚後、好きになったある男性には、告白もできないまま再婚されてしまいました。

あるクライアント様も、警察沙汰に巻き込まれたことなども。

父を14で、兄を30で亡くし、23で結婚後、37で離婚。14年間の結婚生活に終止符を打ちました。

長女11歳、次女三女9歳のころです。

私の中には、いつも

「私の大切な人は、私のそばから突然いなくなる」

という思いがずっと離れませんでした。

離婚してから3年後、そろそろ落ち着いてきたころに、震災にあって家もなくなり、仮設住宅で4年過ごしました。

その間に、中2の次女三女はリストカットをし、学校も行かないで警察に呼び出され、

同級生とのトラブルもありました。

高校受験しても何度も落ちて、ちょっと家から遠い私立にやっと入れたけど行かず。

近くの私立に入れ直させ、それでも1年ほどは行きませんでした。

その間の学費は、ただ払いです。

離婚してからのほうが、それまでの何倍も何倍も本当にしんどかった。

こうして書いてみると、いつも失敗ばかりで来たなぁ・・・と思います。

ランチ会で、これをネタとして話すのですが、

「美代子さん、そこ、笑うとこじゃないですよ」と突っ込まれてきました。

そのほかのみんなは、たいてい目を丸くして驚きます。

私は、そのとき、笑っていました。

あまり暗い雰囲気にしたくなかったからです。

そうやって、たぶん、私は自分のしんどさに封印してきたのかも、と気づきました。

しんどさに、笑ってごまかしてきたのかもしれません。

笑って、そのつらさを感じたくなかったのかもしれません。

笑って、つらい気持ちをスルーしてきたのかもしれません。

がんばってるんだよ。つらいんだよ。って言ったら、たくさん泣きそうで、

その場が、しらーっとなりそうで、なかなか言えなかったのかもしれません。

笑って、自分は大丈夫だよ、とごまかしたかったのだと思います。

でも、大丈夫じゃなかったんですよね。

私は人に頼りたかったんだと思います。

内心、もうがんばりたくないとずっと思っていたのは、この部分だと気づきました。

弱い気持ちを言ってもいいんだよ、と教えてくれたのでしょう。

シングルマザーは、なにも言わなくても、誰かに助けてもらうものだと思い込んでいたのかも。

言わなくても、助けてくれるのがふつう、当たり前。と思っていたのだと思います。

ここ数か月、対人関係でいろいろとありまして、今は、もう疲れてしまいました。

正直、誰かに寄りかかりたい気持ちです。

私も、そうとうな「かまってちゃん」だったなと、今回の件で感じました。

信頼していた仕事仲間に嫉妬されイヤミも言われ、読者さんもたくさん離れていく出来事もあり、

ちょっとここ最近は、人間不信のようになっていました。

そんなとき、ブログに記事をアップしたら、ある一人の読者さんから心配のお電話を
いただきまして、ものすごく嬉しかったのです。

そして偶然にも、高校時代の友人から、「変わりない?」という連絡もきて

それに合わすかのように、私がメジャー(と最近言われますので、そのまま書きます)になる前にやりとりしていて、

私を、娘のように心配してくれている、ご年配の女性にも、ばったり道で会えました。

人間不信になっているときって、人にメール1通送るのも、とてもしんどくて気遣うのです。

そんなときに、気心が知れている、身近な人たちに偶然出会うという、このタイミング。

「気心が知れている分、気遣わなくていい」

という安堵感を、このときにものすごく抱きました。

それはそれは、今まで感じたことのない感謝が湧いてきたのです。

自分と、身近な距離でいてくれたことへの感謝で、あふれる思いでいっぱいでした。

身近な人にこそ感謝すべきなのに、私自身、それができていなかったのです。

読者さんより、私自身が、横柄になっていました。

私は、どれだけ「愛されるハズがない世界」にいたかったんだろうか。

シングルマザーという人生に、依存していたんだな。きっと。

誰かが助けてくれる、幸せにしてくれる、と思っていたのだと思います。

・・・・というわけで、

今日は何が言いたかったのかというと、こんな弱い平山もいるんだよ、ということだと思います。

では、また明日~

(ここまで)

あなたの夫婦円満の励みになれば、私もとてもうれしいです。

 
仙台の夫婦関係(不倫、浮気)カウンセリング

1130名以上がメルマガを愛読中♪ (2018年7月現在)

無料メルマガとセットで読むと、夫からもっと愛されますよ♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加