夫が浮気したくなるとき

夫が浮気したくなるとき

こんにちは。平山美代子です。

夫が浮気したくなるときって、どんなときなんでしょうか。

● 結婚相手と不倫相手と、あなたのご主人はこうしてわけています

ご主人に浮気されている時って、自分と不倫相手と、比べてしまうことがとてもありますよね。

不倫相手と結婚相手とは、そもそも、男性はちがう目線でみているので、比べなくていいのだけど、

どうしても気になるというあなたは、参考にしてみてください。

結婚相手と不倫相手と、あなたのご主人はこうしてわけています。

・妻

自分の味方をしてくれる、とても大切な女性

自分の言動に、あれこれ口出しせずに、ありのままの自分を受け入れてくれる癒される存在

まるで、お母さんのような優しい存在

だけど、女であってもいてほしい(ドキッとしたい)

カッコ悪い僕でも、受け入れてくれるような、安心する存在

僕を信じていてほしい

・不倫相手

妻には足りない部分をおぎないたい相手

ドキドキ感
新鮮さ
癒し
妻には言えないことを言える人

妻は大切な人だからこそ、余計に気を遣わせたくないから、言えないこともたくさんある。

それくらい自分が頑張ればいいや、それが男たるものだ、と、自分の気持ちを抑えつつ、毎日仕事にはげむのが男。

「少しぐらいの我慢は、妻のため、人のためにがんばるんだ!」

「そうするのが、男だ!こんな自分って、ちょっとカッコイイんじゃね♪」

みたいに、妻のため、人のために、少々のことは、譲って我慢できるのが男なんですね。

自分がそうすることで、妻が笑顔でいてくれれば、ちょっとのことぐらい我慢できるのです。

たとえば、5歳児くらいの男の子を思い浮かべてください。

あなたのために、いろんなことを助けてくれませんか?

ちょっとしたお手伝いや、ご飯づくり、ご飯のときにテーブルを拭いてくれる

あなたが手を借りたいときに、自分の手を差し伸べてくれる、そんな優しい男の子。

こんな男の子の優しさに触れたら、ぜったいに、嫁と結婚させたくないと思いますよね。(笑)

男の子って、5歳児でも、40歳でも、60歳でも、精神年齢は、ほぼ変わらないんです。

あなたのご主人を、5歳児の男の子だと思って、観察してみるといいです。

夫が浮気したくなるときは、自分が妻のためにいろいろしているのに、そのことに感謝してくれなかったり、褒めてくれなかったりするとき。

こんなに妻のためにしているのに、労いの言葉もなくて「達成感が得られない」のです。

僕は何のために君と結婚したんだろう・・・と感じる。

それを補うために、不倫する。

不倫はリスクがあることも、一般的なふつうの男性なら、もちろん分かっています。

それを犯してまでしてしまう

ということは、どれだけ夫の心が寂しかったのか、あなたは察せますか?

不倫されてムカツクのは、わかりますよ~。

だけども、我慢しているのは、決して、妻のあなただけではないのです。

このように、男女のちがいを知っているだけで、あなたの気持ちも、ふっとラクチンになりますよね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加