【保存版】平山が、どんな想いでカウンセリングをしているか?

● 【保存版】平山が、どんな想いでカウンセリングをしているか?

こんにちは。平山美代子です。

「美代子さんみたいなカウンセラーさんって、他にいないです!」

ということを、よくクライアント様から言われるんですが、

平山が、どんな想いでカウンセリングをしているか?

ここに書き残しておきたいと思います。

保存版ですから、平山がはじめましてのあなたも、よかったら読んでみてくださいね。

0136_xlarge

平山が、どんな想いでカウンセリングをしているか?

 
わたしのところには、このようなクライアント様がおおくいます。

「ほかのカウンセラーさんのもとで、いろいろ男女仲のことを取り組んできたけど、

自分が他のまわりの人より落ちこぼれている姿に対して、カウンセラーさんにダメ出しされた」

「その問題はうちでは解決できないので、ほかのカウンセラーさんのところに行って下さい、と言われた」

わたしを「最後の砦」だと思ってきてくださる方がとても多いのです。

でね。

よくよく考えてみたら、わたしの信念に、こんな想いがあったんですよね。

その想いが今の平山をつくっている。

さらには、他のカウンセラーさんと違う「強み」になっていました。

わかりやすく、クライアントさまと私の関係を、あなたとお子さんとの関係に例えてみますね。

お子さんがいない方へは、自分とお母さんの関係に例えてみてください。

小学校低学年の我が娘が、ある日、自分のお兄ちゃんといっしょに遊具で遊んでいた。

そうしたら、なにかの拍子に手が滑って、ドーンと落ち、かわいいかわいい顏に深い傷をおってしまった。

血がダラダラ流れた。

すぐ近くにいた私は、その事態に早くきづき、歩み寄ったがどうしたらいいか、あわててしまった。

そこにいたまわりのオトナたちは、それをただ茫然としてみているだけ。(それが普通かも?!)

でも、わたしは、ただ茫然と見ているだけでは終わらない。(当たり前ですが)

少しでもなにかできないだろうか?って自分なりに考えると思います。

ここまで、大丈夫でしょうか。

多くの人は、このとき、早く専門の病院に連れて行きなさい!と言いますよね。きっと。

実際の話にもどすと、

「自分の専門外だから、他のカウンセラーさんのところに相談してください」って、あなたもきっと勧められたかもしれません。

ここまで、大丈夫でしょうか。

カウンセラーさんの言動はそれでもきっと正解だと思いますし、

カウンセラーは人の感情をあつかうから、自分の取り扱い外の問題に対しては、とても慎重になるんだと思うんですよね。

時には、感情は「死」に追いやることもあるからね。

ただ、わたしとしては、こう思うのです。

 
自分のところになにかしら相談しにきてくれたのだから、なにかひとつでも解決してあげたいと。

やはり、そこには生身のカラダがいるのだから、

自分の目の前に、自分を頼ってくれる人がいて、その方がとても苦しんでいるのに、

それを「ほかのところに行ってください」と、わたしは言う勇気はないです。

10年以上も昔に、元夫との仕事をしていたときです。

電話口でたらいまわしにされたことがあったり、

ほかにも、電話口で「他にかけてください」と何度も言われたことがあって、それが苦い記憶に残っているんだと思います。

過去に自分がそうされたから、当人の気持ちを思うと、それはしたくないなあぁと。

上のたとえ話でいくと、我が子を病院に連れて行くまでに、わたしなりになんとかしてやれないだろうか?と思うわけですよ。

ぎゅっと抱きしめてやるとか・・・

ぎゅっと抱きしめてやるだけでも、外側の傷は治せないけど、心の傷は癒されていくと思うし

その子も、きっとお母さんに抱きしめらて、安心すると思うんですよね。

そういう気持ちをもって、カウンセリングの仕事をしていることに、最近気づきました。

思い返せば、そういう思いは、何に対しても昔からやっているなあ。

この記事で、もっと平山のことを知りたくなったら、

こちらも読んでみてくださいね。

※※※

メルマガでは、夫や彼から愛される秘訣を、毎日配信しています。

旦那さまや彼との再構築や、口をきいてもらえない旦那さまへの接し方。

別居中にどんな接し方をしていったらいいか?などなど。

読むだけで、愛される考え方に変わっていくメルマガは、夫との冷たい関係に終止符がうてますよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加