「嫉妬」するのは、あなたもそうなれるから嫉妬するということ(6)

● 「嫉妬」するのは、あなたもそうなれるから嫉妬するということ(6)

こんにちは。平山美代子です。

あの衝撃告白をしてからというもの、読者さんたちの反応が変わってきました。

「平山さんからパワーをもらいたいです!素敵なカウンセリングになると思うので楽しみです!」

「人生を変えるカウンセリング、楽しみです!」

「美代子さんのような生き方をしたいです!」

「また平山さんのお話が聞きたくて、カウンセリングお願いしてみました!」

なんか心の距離がぐ~んと近くなったの♪

ああ、激白してほんとうによかったなあ~(うるうる 涙)

ホントありがとね♪ 感謝しております!!
    
ブログに書けないほどの、私の激白ストーリー!

まだ読んでない方は、こちらからどうぞ♪

1、美代子さんはどうして離婚したんですか?(1)

2、元夫とわたし

3、あるショーゲキ的な事実

4、戦いからの卒業(前夜編)

5、あなたを苦しめる「2つ」の戦いから卒業するということ

さて、ここからが本題です。

嫉妬するということについて、もうちょっと詳しく解説してきますね。

そうそう、昨日のメルマガにもご感想が届きました!

先にこちらをご覧いただけますか?

~~~

美代子さん、毎日読ませていただいています。

以前ズームで1度、カウンセリングしていただいたり、ライン相談も一度していただきました。

4月に単身赴任が終わり、家から仕事に通ってくれるようになったものの、

相変わらず無視と、急にキレたり、物にあったり。。。

この怒りは私とは別のもの。

と言い聞かせてきましたが、あまりにもひどい態度に涙がでることも。。。

もう離婚しかないのかな。

でもこれでは、お互い後悔するんじゃないかなと思ったり。

美代子さんもあんなに、お辛い体験しているとは想像していませんでした。

数日の美代子さんのメルマガがグサグサ心にささり、一緒に胸が苦しくなってしまいました。 

今日のメルマガで、男性が怖いとか、苦手というのが私に当てはまるようなきがして、、、

父や祖父が昔から強く、男はうるさくて怖いものというのがあったり、男性が苦手だな。

緊張するなと言うのも昔からあり。

三姉妹なので男性像は父親しかしらず、、、更に長女で上手く甘えられず。。。

この辺が旦那だけでなく人生において解決したいと思い、

電子書籍冊子ばんをすぐ購入させていただきました。

※ 彼女が買われた電子書籍は、こちらです。

自分を大切にしてもっと幸せになる、夫のいちばん魅力的な妻になる方法!
 
解決の見込みありますかね。。。?

美代子さんみたいに幸せ溢れるステキな女性になりたいです。

~~~

どうもありがとうございます。

「男性が恐い」という方も、「甘え下手」という方も、わたしの読者さまの中ではとても多いですよ。

ですから、あまり気にしなくてもいいです。

克服はできますから。

ただし、幸せになりたいのなら、やはり「実際に行動にうつす」こと。

知識だけ覚えてても、行動に移せてないなら、意味がありません。

それだけ覚悟は必要。

逃げていては、去年と同じ生き方をするだけです。

それでもいいなら、わたしは何もいいません。

~~~

平山さんのメルマガがタイムリーすぎて泣きながら読みました。

戦うことを辞める……

私は夫から嫌われていて夫が怖かったのかも知れません。

ありがとう、と伝えても、そういうの要らないと突っぱねられ

「もうお前と夫婦でいる事が苦痛でしょうがないだから早く離婚したい」

と言われ恐怖で固まってしまっていました。

不倫相手の人も慰謝料請求に対しての示談に弁護士をつけてこられて…

戦うモード全開!!

でもそれは、まず私自身がこの女の人と戦うモード全開だったんだなぁと気づきました。

素敵な気付きが出来ました。

ありがとうございます^^*

~~~

「戦う」のは、男性の性の特徴なんですよね。

仕事でならどんどん戦っていいんです。

ですが。

夫(男性)と幸せな関係を築くのには、「戦う」のは、愛情の妨げになります。

家庭と仕事と、うまく切り替えるようになるといいんですよね。

「嫉妬」するのは、あなたもそのようになれるから嫉妬するということ

だから、あの人のようになれるから、自分のすごさに遠慮しないで♪

どんどんその人の愛されている部分を、自分なりにマネしてみること。

昨日も書いたけど、戦っていて、なにもいいことはありません。

わたしがしたことは、

・男性の前ではスカートを履くように意識した
・メイクとヘアケアにも気をくばりツヤツヤを意識した
・巻き髪を意識した
・下着をお気に入りのものに変えた
・毛玉の服を着るのをやめた
・お肌をもちもちに保つようにした
・しぐさをかわいく見えるように鏡の前でとにかく練習した
・使う言葉も、男みたいなものはやめた
・口角をあげる練習を毎日した
・脱毛エステに通った
・自撮りを定期的にして表情がかわいく見えるポイントを探した
・メイクをするとき鏡の前で「みよちゃん、今日もかわいいね♪」連呼した

などなど、ここに書ききれないほど。

こちらの書籍をご覧いただくとよくわかると思います。

自分を大切にしてもっと幸せになる、夫のいちばん魅力的な妻になる方法!

女性がムリなく自然に愛されるには、メスである自分も自分で愛すること。

メスである自分を大切に扱える人だけが、まわりからも大切に扱ってもらえます。

自分で自分を雑に扱っていたら、まわりからも雑にあつかわれる。

自分で自分をどう扱ったか?で、まわりからの扱われ方が違うのです。

とってもカンタンな図式♪

自分を自分で見下しているから、愛されない行動をとっちゃうんですよ。

あなたは価値のある大切な女性です。

それにぜひ、気づいていただきたいです。

※※※

メルマガでは、夫や彼から愛される秘訣を、毎日配信しています。

旦那さまや彼との再構築や、口をきいてもらえない旦那さまへの接し方。

別居中にどんな接し方をしていったらいいか?などなど。

このメルマガ読んでいるだけで、ふたりの冷たい関係があっという間に変わっていきますよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加